名東化工機株式会社

会社案内

環境への取組み

環境方針

名東化工機 株式会社は環境保全を経営の最重要課題のひとつとして位置づけ、水処理機器を通じて自然や社会にやさしく、共存共栄する企業を目標に地球環境に貢献します。
このように、水処理機器を通じて、これからは地球の水質汚濁防止に取り組んでまいります。
そのためには:

  1. 環境への影響を調査及び評価し、当社の活動、製品及びサービスから発生する、環境に負荷を与えている主要な要因を効果的に低減または削減するため、技術的・経済的に可能な範囲で達成すべき環境目的及び環境目標を定めます。
  2. そのために環境改善計画を立案し、実施し、成果を評価して見直し、さらには次なる改善目標及び目標につなげるための環境マネジメントシステムを構築します。
    これには、当社の活動、製品及びサービスから発生する廃棄物等で近隣の方々にご迷惑をおかけしないような、適切な汚染の予防活動も含めます。
  3. 当社の取扱商品の一部には「毒物及び劇物取締法」等、遵守しなくてはならない法律があります。これらの環境に関する法令、規制、条例、協定、その他の近隣の方々との合意事項等を遵守し、一層の環境保全を図ります。
  4. 社員に必要な教育・訓練を行い、環境保全意識が高く模範的行動がとれる人材に育成します。
  5. 緑化推進を社員一丸となって進めて参ります。
  6. 次の項目については、積極的に推進します。
  1. (1)水処理用ポンプの製造・販売を通じた水質汚濁物質の低減。
  2. (2)電力の削減。
  3. (3)コピー紙・水の使用量削減。
  4. (4)廃棄物の適正処理。
  5. (5)化学物質の適正管理。
  6. (6)自動車燃料の使用量削減(燃費向上・アイドリングストップ)

2010年6月1日
名東化工機株式会社 代表取締役 深 谷 宏 治